« 鳥羽・伊勢 | トップページ | ハワイ・花と癒しの文化展 »

組み合わせ

みなさん、アロ~ハ!

毎日、暑い日が続きますねPc_fc01m11

名古屋では、6日連続で熱帯夜になるみたい。

Bah03Bah03Bah03

8日(水)から「第89回 全国高校野球選手権大会」が阪神甲子園球場で開催されます。

そこで、5日に抽選会が行われました。

49代表制が定着した60回大会(78年)以降、初戦の抽選は、あらかじめ代表校を東西に分けた上で実施してきたが、今大会からフリー抽選となりました。

我が愛知県代表の「愛工大名電」は、大会4日目第一試合で西東京の「創価」と対戦。

倉野監督になってから、夏の甲子園は1勝もできていないので、今年こそは勝ってほしいです!!!

そして、順当に一回戦を勝ち上がれば、二回戦で岐阜県代表の「大垣日大」との近隣対決が実現しそうです。

二回戦も突破すれば、比較的恵まれているゾーンにいるのでベスト8までいけそうです。

ガンバレ!愛工大名電!

そして、皆さんにも応援してもらいたい選手が「柴田章吾投手」です。

●ニッカンスポーツの記事から抜粋

Nsp07080104ns_2 

高校野球愛知大会決勝は、愛工大名電が中京大中京を7-5で下し、3年連続9度目となる夏の甲子園出場を決めた。36年ぶり愛知大会3連覇の原動力は、背番号10の左腕柴田章吾(3年)。国の難病(特定疾患)に指定されているベーチェット病を患うが、好リリーフで、胴上げ投手になった。同じ病気を抱える全国約1万8000人に甲子園での雄姿で勇気を与え、愛するチームを頂点へと導く。

 力の限りの雄たけびが勝利の証だった。柴田章は目を閉じ、最高の仲間がつくる歓喜の輪に身を委ねた。昨夏までの2連覇は難病の影響でベンチ外。この夏にすべてをかけていた。「死んじゃうんじゃないかと、不安になったこともある。でも最後なんで(体調を考慮した力の)セーブはなしです」。悲壮な決意で臨んだ自身初の愛知大会。中京大中京という難敵に勝ち、病魔にも打ち勝ち、その左腕で甲子園切符をつかんだ。

 5-3と逆転に成功した5回裏に3番手で登板した。すぐに同点2ランを浴びたが、6回以降4イニングは内野安打1本に封じる快投。送りバントを2度、好フィールディングで阻止。9回には右前打で出塁し、決勝点となるホームを踏んだ。投げて守って打った。入学直後に倉野光生監督(48)がその潜在能力を「野球センスはイチローや工藤レベル。もう別格」と表現した通りの活躍。柴田章なしに、名電3連覇はなかった。

 「なんでこの病気になったんだ…」。何度も自分の体をのろった。発病は中学3年の時。それまで病気らしい病気をしたこともなかっただけに、信じられなかった。信じたくなかったから、当初は処方された薬も飲まず病状が悪化したこともあった。医師からは強豪校に進んで野球をするのは無理だとも告げられた。全国レベルの強豪10校以上が入学を勧めてきたが、体調不良を理由にいつの間にか話もなくなった。現実を受け入れざるを得なかった。

 だが、どうしても甲子園に行きたかった。「ちゃんと考えてくれたのは名電だけだった」。病気も含め親身になって受け止め、ともに甲子園を目指そうと言ってくれた倉野監督率いる名電にすべてを預けた。

 入学以来、医師と相談し、食事制限に加え、体調を考慮し練習量も微調整しなければならない日々が続いた。「練習やったら強くなるのに、やっちゃいけない。うまくなるのには苦しいことをしなきゃいけないのに…」。ジレンマにも悩み抜いた苦しい日々だった。

 さまざまな思いは、1つの目標を打ち立てて吹っ切った。全国に約1万8000人いるという同じ病気に苦しむ人に目を向けた時だった。「甲子園で投げて、全国でこの病気に苦しんでいる人を勇気付けたい」。追い込んで、やり遂げた18歳の表情は晴れやかだった。聖地での1球1球は、すべてがメッセージ付きだ。重い重い1球が名電に、いや全国に勇気と力を与えることになる。それができるのは、柴田章しかいない。

◆柴田章吾(しばた・しょうご)1989年(平元)4月13日、三重県いなべ市生まれ。三里小2年の時に野球を始める。硬式の鈴鹿リトルをへて四日市トップエースに移り、小6の時に投手として全国制覇。大安中から愛工大名電に進み2年春の県大会予選でベンチ入り。昨秋、今春と主戦として活躍。直球の最速は142キロで、投打とも非凡なセンスを持つ。175センチ、79キロ。左投げ左打ち。

◆ベーチェット病 口腔粘膜のアフタ性かいよう、外陰部かいよう、皮膚症状、眼症状の4つを主症状とする慢性再発性の炎症性疾患。原因は不明。1936年にトルコ人医師のベーチェット教授が初めて報告しこの名前がついた。日本人の患者数は現在約1万8000人といわれている。眼症状は失明に至ることもある。今年1月にはダンス&ボーカルユニットEXILEのパフォーマー、MATSU(32)も同病であることを公表している。

愛知大会では、中継ぎが多かったですが是非、甲子園では先発してもらいたいです。

今度は、甲子園のマウンドで胴上げ投手になってほしいですね!

Sport001

ImageChef.com - Custom comment codes for MySpace, Hi5, Friendster and more

今日のフクちゃんコーナー♪

Cimg4952

実家の庭でくつろいでいます(^^♪

|

« 鳥羽・伊勢 | トップページ | ハワイ・花と癒しの文化展 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ことりさん アロ~ハ♪
高校野球が始まると夏って思うよ。応援しますね♪ それにしても暑いねえ~(~o~) ドラも今日から広島戦勝たんといかんよね。その後巨人戦楽しみだよー 今日は午後から少し気を使う来客有りなんだよ・・・はあ~っつ(-_-;)

投稿: ミーミーさん | 2007年8月 7日 (火) 06時26分

ミーミーさん、アロ~ハ!
そう、高校野球が始まると本格的な夏の到来です。
静岡は、常葉菊川ですね!
春夏連覇できますかね?
まず、広島には3連勝しないといけませんね!
そして、その調子で巨人にも3連勝と行きましょか(^.^)
午後から頑張って下さいね!!!

投稿: ことり | 2007年8月 7日 (火) 09時22分

私も愛知県に住んでいますので、愛工大名電を応援します。しかし、常に1回戦で敗退しています。今年こそ突破して欲しいです。
「柴田章吾投手」が難病のベーチェット病とは知りませんでした。頑張る姿を見たいです。

投稿: si-chans | 2007年8月 7日 (火) 09時53分

si-chansさん、アロ~ハ!
是非、応援お願いします。
去年も、甲子園へ応援に行きましたが夏のアルプススタンドは暑い・暑い・暑い、とにかく暑い(汗)
ホントに、今年こそ初戦突破してほしいです!

投稿: ことり | 2007年8月 7日 (火) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組み合わせ:

» ベーチェット病という病気 [芸能人 今日のできごと]
ベーチェット病という病気を初めて知りました。 24時間テレビの中のある男の子のドキュメンタリーを見てです。 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月31日 (金) 19時39分

« 鳥羽・伊勢 | トップページ | ハワイ・花と癒しの文化展 »